知って役立つ!葬儀便利帳

いざというときのために、通夜、葬儀の前に知っておくと安心できる知識をご紹介しています。

目次123456789

[2]死後の処置



死後の処置

死後の処置は、病院側が行います。自宅で死亡した場合も、主治医の死亡判定後に看護婦がしてくれることがほとんどです。

手順としては以下のようになります。
  1. お湯やアルコール綿で清拭(せいしき)し、口、鼻、肛門には体液が出ないよう脱脂綿を詰める。
  2. 傷口は包帯で処置する。
  3. 目が開いてる場合、上まぶたをなでて閉じ、口が開いてる場合は、下から押し上げて閉じる。
家族が清拭をしたい場合は、希望すれば参加することができます。

末期の水をとる

医師が診断し死亡判定、家族それぞれが別れを告げたら、順に末期の水(死水)をとります。
末期の水は、病院では看護婦が用意してくれ、病院ではこの後、他人の目を気にすることなく遺体と別れの時を持つために、しばらくは家族だけにしてくれます。

末期の水(死水)

末期の水とは、蘇生を願う民族的儀礼で、一人一人が故人に別れを告げる大切な儀礼です。「死水」とも呼ばれています。

末期の水(死水)のとり方

末期の水のとり方の手順は以下の通りです。
  1. 脱脂綿をカーゼなどで包み、割り箸の先に付けたものか、新しい筆を水を入れた茶碗とともにお盆の上に用意する。
  2. 順位に故人の唇を水で浸す。

清拭と死後処置の仕方

清拭と死後処置の仕方清拭と死後処置の仕方は以下のように行います。
  1. 病院などで全身の清拭が済んでいれば、遺体の露出している部分をアルコール綿で清める。
  2. 髪を整え、男性の場合ひげをそり、女性の場合は薄化粧(おしろい、頬紅、口紅など)を施す。

湯灌(ゆかん)をする場合

湯灌(ゆかん)をする場合湯灌(ゆかん)とは、ぬるめのお湯を使い、遺体を洗い清めることです。 近年では、病院で清拭を行うため、湯灌を行うことは少なくなりましたが、浴槽を積み込んだ車で自宅を訪問し、湯灌サービスを行う業者もあります。

死化粧

死化粧とは、顔の色をいくらかでも生前に近いようにすることです。髪を整え、男性の場合、ひげをそり、女性の場合は薄化粧をします。爪も切り、頬がこけている場合、含み綿をしたりします。

着替え

着替え着替えは、死化粧の後、新しい浴衣や下着に着替えさせてあげることです。(通常、袷は左前、帯は縦結び)

本人の希望していた服装で送ってあげたい場合は、事前に用意しておきましょう。なぜなら、死後硬直が進み着替えが困難になってしまうからです。

着替え(死装束)

着替え(死装束)死装束は、納棺の前に故人の衣類を着替えさせることです。 仏衣に着替えさせるときは、経帷子(きょうかたびら)を左前に着せ、手には手甲、脚には脚絆(きゃはん)を着けます。白足袋とわらじは左右逆に履かせます。
神式やキリスト教式では、死者の服装は自由とされています。また、仏式でも、最近は新しい浴衣や、故人が愛用していた服を着せることが多くなってきました。

葬儀のとき経帷子などを逆にするのは、この世とあの世が逆であるという考えからきています。
このサイト上に関する著作権は、一般社団法人佐賀県霊柩自動車協会に帰属します。