通夜から葬儀まで

通夜から葬儀までに行われる儀式や作法、用語等の説明をしております。

目次123456789

[3]神式の葬儀



通夜は通夜祭と遷霊祭

神道の葬儀は、「神葬祭」、通夜にあたるものを「通夜祭」と「遷霊祭」といい、葬場祭(告別式)の前夜に行われます。
通夜祭は、故人に対して生前同様に礼を尽くし、奉仕する儀式です。遷礼祭は、故人の霊魂を遺体から霊の依り代である霊じに移す儀式です。
※霊じは、仏式の位牌にあたり、木製で「木主(もくしゅ)」とも呼ばれます。

故人に奉仕する通夜祭

通夜祭の手順はいかのとおりです。
  1. 一同着席、拝礼する
    時刻がきたら斎主、斎員、喪主、親族、弔問客が席に着き、斎主が一拝し、一同もこれにならう。いずれも着席の前に、「手水の儀」を行い、手を洗い口をすすぐこと。
  2. せんを供える
    祭員がせん(食べ物)を供える。せんには、常せん(故人の好物など調理済みの食べ物)と、生せん(洗米、塩、酒など)がある。
  3. 斎主が祭詞を奉上
    斎主が祭詞を奉上する。この間、一同は腰を前方に折り曲げるようにすること。続いて、伶人(雅楽を奏でる人)が誄歌(るいか)を奉奏することもある。
  4. 玉串奉奠
    斎主、喪主、遺族、弔問客の順に、玉串奉奠し、拝礼する。

二拝二拍手一拝
二拝二拍手一拝とは、玉串奉奠の後に行う拝礼のことです。
二回拝礼した後、二回拍手し、一回拝礼をします。このときの拍手はしのび手で行いますが、しのび手は忌明けまで行います。

神式の通夜振る舞い

神式での通夜振る舞いは、「直会(なおらい)」と呼ばれます。神式では、肉や魚を祭壇に供えてもいいことになっていますが、喪家では火が使えないので、近所の家で支度をするのが一般的です。

故人の霊魂を移す遷霊祭

遷霊祭の手順としては以下のとおりです。
  1. 部屋の明かりを消す
    まず、室内の明かりを全て消す。(遷霊祭は「みたま移し」とも言い、本式は夜間に行われる)
  2. 斎主が霊じに霊魂を移す
    斎主は霊じの覆いを取り、霊じを柩の方に向け、遷霊詞を奉上、警ひつ(声をかけること)を行う。
    一同は軽く頭を下げ、斎主は霊じの向きを戻し、覆いを被せてから仮御霊舎に安置する。その後室内の灯火をつける。

葬場祭に先立って発柩祭

発柩祭とは、柩を霊輿(れいよ)に移して、葬列を組み葬場に向かう際のおまつりのことです。発柩後、修祓役の祭員と家に残る家族をはじめ、家中を祓い清めます。

葬場祭

葬場祭とは、神式での告別式のことです。故人に別れを告げる最も重要なものとされています。

葬場祭の式次第

葬場祭の手順は以下のとおりになります。
  1. 柩の入場
    張り巡らしたマクの中央に設けた入り口から柩が入ると、参列者から起立をし頭を下げ入り口を閉じる。柩を安置し、その背後に銘旗を立て、柩に接して遺影を置き、 食物を載せるせん案と幣帛(へいはく)を載せる幣案をそなえ左右に灯台を置く。設営が終わると、入り口を開く。
  2. 一同着席
    手水の儀を行い、一同が着席。
  3. 斎主が一拝
    斎主が一拝し、一同もこれにならう。
  4. せんを供える
    祭員がせん、幣帛を供える。この間、楽が奏でられる。幣帛は進物のことであり、紅白の絹各1反か紅白の紙を幣串に挟む。
  5. 祭詞を奉上
    斎主が祭詞を奉上し、参列者は頭を下げる。祭詞は故人の略歴や社会的功績などをまとめたものであり、これは、事前に神職が遺族と打ち合わせる。
  6. 誄歌を奉奏、弔辞・弔電の奉上
    伶人が誄歌を奉奏し、弔電や弔辞を紹介する。
  7. 玉串奉奠
    玉串奉奠を行う。
  8. 幣帛とせんの撤去
    祭員が、幣帛とせんを撤去する。
  9. 斎主一拝
    斎主が一拝し、一同もこれにならう。
  10. 一同退出
このサイト上に関する著作権は、一般社団法人佐賀県霊柩自動車協会に帰属します。